本文へジャンプ

会社概要

株式会社まつのについて


会社名 株式会社 まつの  ACCESS
  東京都大田区平和島6−1−1 東京流通センター A棟南3階
  電話 03−5753−3728 FAX 03−5767−7530
設立 1983年12月20日
資本金 60,000,000円
決算期 11月30日
年商 2014年 11月期 グループ売上 168億円
従業員数 正社員80名 準社員112名
代表取締役 松野 貞文
取引銀行 三菱東京UFJ銀行・新宿新都心支社
みずほ銀行・高田馬場支店
商工中金・大森支店
東京都民銀行・大森支店 
りそな銀行・新都心営業部
新銀行東京・本店
営業種目 1)青果物蔬菜類の栽培及び加工・販売
2)農畜産食料品及び加工品の保管、管理並びに配送業
3)上記に付帯する一切の業務
関連会社 株式会社ロジエンス 代表取締役 桑 満
 〒359-0011 埼玉県所沢市大字南永井867-1 所沢総合食品地方卸売市場内
       大田市場事務所
 〒143-0001 東京都大田区東海3-2-1 事務棟南8階
 TEL:03-5492-7699 FAX:03-5755-9268

株式会社四季菜 代表取締役 桑 満
 〒143-0001 東京都大田区東海3-2-1 事務棟南8階
 TEL:03-5755-9267 FAX:03-5755-9268

株式会社さとう 代表取締役 佐藤 文章
 〒121-0813 東京都足立区竹の塚7-6-13
 TEL:03-3850-9158 FAX:03-3850-9158

沿革


昭和58年12月 資本金500万円を以って株式会社フレッシュマルゴ設立。
昭和59年 8月 現 代表取締役 松野 貞文 入社。営業本部長に就任する。
販売高が飛躍的に増え、同年の 新宿市場内東京商組中野支部の仕入高一位にランクされる。
昭和63年 5月 長野県菅平高原にまつの集荷センターを開設。敷地面積1400坪と施設面積150坪に大型冷蔵庫1基真空冷却装置などを総額1億5千万円を投じた。これにより出来るだけ農薬や化学肥料に頼らない農産物の取り組みなど青果物流通のパイオニアとしての足がかりを築き、産地直結のコンテナ配送を開始。
平成 8年12月 大手サンドウィッチメーカーの工場へ一斉納品始まる。その関係上、全国に卸の協力会社を組織し、統一価格、統一商材、統一品位を目指して現在進行中。
平成 9年10月 大手オーガニックレストランの取引をきっかけに有機農産物の取り組みを本格的にスタートした。現在、有機生産者約150名を数える。
平成10年 4月 全国の生産地と直結し、産地直結型の直販システムを構築すべく、資本金1500万円を以って株式会社ケレスジャパン設立。代表取締役 松野 貞文 就任。
産地生産者と直接取り組むことで、”どこで誰がどのように生産したか”を明確にしたものが販売できる体制になり、その産地開発と販売体制作りに取り組んだ。
大手ファーストフード会社が商品開発においてミネラル野菜の導入を決定し、そのミネラル野菜の納入業者として取引を開始する。取引当初は新規参入会社として数十店舗を担当するのみであったが、弊社の『安全と安心の青果物』の理念が認められ取引が拡大し、現在、関東・甲信・東北地区約630店舗納品している。
平成11年12月 平成12年4月有機認証制度の導入をにらみ小分けピッキングの認証獲得に取り組み12月に北海道有機認証協会の賛助会員になる。
平成12年 3月 大手ブレッドレストラン全国約160店舗をEOS発注方式で取引が始まる。全国統一価格で焼きたてパンの店全国5センター(札幌・関東・名古屋・大阪・九州)に納品を開始。
平成12年11月 コンビニエンスストア2600店舗をEOS発注で受信・青果物一括納品・全国統一価格で開始、日本の青果物史上初の試みをスタート。
平成13年 6月 高原野菜・レタス類の一大産地長野県川上村に同産地で民間では初の真空予冷設備を備えた集荷センターを稼動。
平成14年 4月 大手居酒屋チェーンの生鮮チルド共配のセンター業務をスタート。独自にEOSシステムを開発し受注〜納品までのリードタイムを最短3時間で過去に例をみない外食配送の最終形に近い形での取り組みを遂行する。
平成16年 5月 従来のEOSシステムに、買い手側からの発注データに対し売り手側から発送確定データを返信するなど売買双方向からの通信方式を取り入れる。
これによって納品ベンダーの発送処理から、お取引先様店舗の受領処理までつながったデータとして処理できるようになる。ベンダーへの支払いやお取引様への請求もシステム上で管理し決済までできるようになることで経理関連のペーパーレス化が実現する。
平成16年12月1日 まつの関西営業所開設。まつの関西チルドピッキングセンターとして近畿エリアの出荷を開始。
平成18年 2月1日 まつの中京営業所開設。まつの中京チルドピッキングセンターとして東海北陸エリアの出荷を開始。
平成19年 3月17日 本社を新宿から平和島に移転し、まつの平和島ピッキングセンターを拡大改築して約600坪とする。新平和島センター内の明るさは800ルックス!750ルックスが標準の手術室よりも更に光度を引き上げたことにより、商品の品質を見やすくし作業効率の向上を実現。ゴミ一つない清潔なセンターとなる。5℃に保つ水場を整備した50坪の野菜蘇生場をセンター内に設置し、センター内は外扉に加え更に内側にカーテンシャッターを設置し、外気による湿気の浸入・温度変化、埃や虫の進入を防ぐ対策も施した。
平成19年 7月1日 代表取締役 松野 貞文が日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(現:日本野菜ソムリエ協会)の理事に就任
平成20年 4月8日 大手居酒屋チェーンの冷凍品配送を開始。冷凍品配送を店着時点以降から開梱までの間の保持に着目。幾度にもわたる物流テストから導き出した保冷バック等を活用する方法を考案し、冷凍品専用便で運ぶ以上のクオリティで納品。チルド・フローズンの混載配送を実現する。
平成21年 3月31日 まつの中京営業所閉鎖。関西営業所を拡大し業務移転。
平成21年 6月2日 日本野菜ソムリエ協会の資格取得者が2万人を突破しました。
平成21年10月13日 関西・中京地区の冷凍品配送を開始。遠隔地にあるセンターからの長距離冷凍品配送も同時に開始。この長距離冷凍品配送においては、関西チルドピッキングセンターがクロスドック機能を併せ受け持ち短時間での仕分けを実現するなど、チルド・フローズンの混載配送であっても高いクオリティで納品を可能とした。
平成22年 1月13日 まつの関西営業所移転。定温の維持力を向上し、バース接車数を6台にアップして機動力を高め、フラットな庫内は作業の生産性を向上し従来のセンターから全てにおいて機能性を高めた。
平成24年 2月27日 三菱地所株式会社、株式会社大地を守る会、株式会社まつのは大手町・丸の内・有楽町エリア(大丸有エリア)にて、 大丸有つながる食プロジェクト協議会を立上げ。
まちづくりにおける持続可能性の追求や環境共生、地域連携を目指す取り組みを始める。
平成24年 8月 1日 平和島チルドピッキングセンター拡張に伴い、本社を3階へ移転。
新事務所を設置致しました。
平成24年10月 1日 「株式会社大地を守る会」と業務提携
まつのが取り扱う有機野菜のラインナップ

旬の菜・旬の果 商品情報

お客様の声

クッキングライフプランナー谷口恵里の幸せペジフルレシピ

ベジフルサポーター やさい・くだもの通信
ベジフルサポーターとは
世界農業ドリームプラン・プレゼンテーション

特選ブログ


2014年08月06日まつのスタッフ日記
 まつの菅平・川上集荷センター訪問
2014年07月22日まつのスタッフ日記
 「飲酒運転をしない、させない」取り組みにつ
 いて
2014年06月08日まつのスタッフ日記
 中央大学にて松野社長が講演を行いました。
2014年05月13日お客様の声
 センターの温度管理データがない
2014年03月21日まつのスタッフ日記
 株式会社まつの30周年記念パーティー開催
2014年03月14日産地報告
 続編!!御縁に感謝・・・高知県
2014年03月13日産地報告
 高知にとまっくま現る?!
2014年03月11日まつのスタッフ日記
 震災から3年、私達の使命
2013年05月16日まつのスタッフ日記
 おいしい食事に笑顔が咲く〜まつの会食会〜
2013年04月16日川内村植物工場便り
 はじめまして!株式会社KiMiDoRiです!
2011年08月31日まつのスタッフ日記
 品川総合物流センターがリニューアル
 しました!
2009年06月15日まつのスタッフ日記
 まつのベジタブルガーデン